冬の稲毛海浜公園で海を眺めてきた。

いつもの散歩道に飽きてしまったので、ちょっとだけ遠出してみることにした。久しぶりに海が見たかったので、千葉市の稲毛海浜公園に行くことにした。一応、主目的は散歩なので、京葉線の稲毛海岸駅を目指すのではなく、総武線の稲毛駅から歩くことにした。とはいえ、稲毛駅からただまっすぐなので、散歩道としては面白みに欠けるんだけど、それは歩き初めて、スマホでGoogleMapを見ながら気がついた(汗)

稲毛駅から稲毛海浜公園に向かって歩いて京葉線の線路を越えた辺りには巨大な団地が広がっていた。そういえば、幕張のあたりも海側に大きな団地があったことを思い出したが、さすが千葉というわけではないだろうが、団地が大きい…。長々と続くまっすぐな道路を歩いて、稲毛海浜公園に着いた。春めいてきているとはいえ、やはり冬の海。海岸には、まばらにしか人がいなかった。ただ、公園内をランニングしている人なんかもいて、この季節にしては割と人がいる印象だった。

3月の稲毛海浜公園の風景 その1

3月の稲毛海浜公園の風景 その1

足に伝わる、砂浜の感触が妙に懐かしい。潮が引いていくところだったのか、波打ち際近くの砂は濡れていて、乾いた砂とはちょっと違った感触だった。こどもは波打ち際を走り回っていたり、カップルはただただ砂浜を歩いていたり、砂浜に座り込んで読書している人もいて、おだやかな冬の海をそれぞれに楽しんでいるようだった。

3月の稲毛海浜公園の風景 その2

3月の稲毛海浜公園の風景 その2

海を眺めにきたとはいえ、1時間も眺めているものでもないし、これといってすることもないので、早々に撤収することにした(スマホのバッテリーがなくなりかけてたってのもあるけど…)帰りは、稲毛海浜公園から京成稲毛駅まで歩いて行った。距離を計測するのを忘れてしまったけれど、だいたい5kmちょっとくらいの散歩だっただろうか。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です