新小岩-立石-小岩辺りを散歩。

まぁ、今思えば、そんなにふらふらと歩きまわらなくてもよかったような気はするけれど、歩きまわってしまったんだから仕方ない…そんな小岩周辺の散歩。

今回のスタートは、新小岩駅で小岩から北の方に向かって歩いて、立石とか高砂のあたりまで行って、小岩に帰ってくるという、へんてつもないコースで、Google製Androidアプリ「MyTrack」の記録によれば、2.5時間で11.3kmほど歩いたらしい。

[map id=”map_20111126″ w=”400″ h=”500″ kml=”http://fudi55.net/kml/1111-koiwa.kml”]

新小岩駅から平和橋通りをひたすらまっすぐに進んで、中川を超えた辺りからだんだんと下町っぽくなってくる。そして、街路樹の広葉樹はすっかり紅葉していて葉を落としていた。あぁ、もう秋も終わりなんだな、と。

住宅街はすっかり秋

住宅街はすっかり秋

さらにぶらぶらと歩いていると、京成立石駅前にたどり着いた。

京成立石駅!

京成立石駅!

京成立石駅前の商店街はなかなか興味深い。道幅がかなり狭かったので、かなり古い商店街であることはなんとなく想像できたが、商店街のお店が全部古いわけでもなく、割りと新しそうな店もちらほらと見られた。14時とか15時くらいなのに、行列が続いている立ち食い寿司屋さんに惹かれたけれど、先を急ぐことにした。そういえば、知る人ぞ知る居酒屋の「宇ち多゛」も立石だったかなぁ。地図で確認することなく通りすぎてしまった可能性がすごく高い。しまった。

立石仲見世商店街!

立石仲見世商店街!

立石仲見世商店街は、ごちゃっとしている割には(失礼!)興味を惹かれる、不思議な商店街、そんな印象だった。

その後、中川に沿ってうろうろしていたら、いつの間にか京成青砥駅に到着。そこから環七沿いに亀有方面を目指そうと一瞬思ったけど、常磐線の駅にたどり着いたとしても帰るのが面倒なだけなので、環七を無視して(笑)高砂方面に。そうしたら、橋の上からきれいな夕日が見えた。

金色の夕陽と遠くに霞むスカイツリー

金色の夕陽と遠くに霞むスカイツリー

橋を越えたら、そこは京成高砂駅のすぐ近くでそこから小岩方面に。住宅街が延々と続く。やっと、そろそろ小岩駅かなぁと思っていたところで、定番の看板を発見。もうそこは小岩駅の目と鼻の先だった。

夕日に映える、ラーメン二郎小岩店の看板

夕日に映える、ラーメン二郎小岩店の看板

その後、水分補給のために16時頃から開店している居酒屋でビールを飲んで帰ってきた。なんとなくではあるが、豊かな一日だった。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です