丸亀製麺の「牛すき釜玉」が美味しかった。

丸亀製麺に何やら人気メニューがあるという記事を見たのは何日前だったか。それは生の牛肉をを注文ごとに調理してうどんに乗せるメニューで、それなりのお値段だが多くの人がオーダーしているらしい。

そんなわけで、本八幡のシャポーの新装開店した丸亀製麺に行って試してみることにした。具体的なメニューの名前は失念していたが、丸亀製麺の入口、うどんをオーダーするところで大々的にアピールしていたので、オーダーはすんなりと完了。その名も「牛すき釜玉」

牛肉はどこで調理してるのかなと思ったら、レジ近くにIH調理器が置かれていて、丼もののを作る鍋がいくつか並んでいて、一人の店員さんが調理しているのが見えた。やはり、人気メニューらしい。

値段は600円を超えていたが、はてさてどんな釜玉うどんが出てくるのか…。レジでお代を払うと、牛すき釜玉は時間がかかるとのことで札を渡されてぼんやり待つことに。ほどなくして提供されたのが、この牛すき釜玉うどん。

牛すき釜玉が登場

牛すき釜玉が登場

まぁ、割下で牛肉をちょっと煮ただけと言ってしまえば、その通りではあるんだが、吉野家あたりで牛皿を買ってきて、釜玉うどんに乗せたのとは、またちょっと違う、なんかちょっとリッチな雰囲気がある(…とはいえ、600円ちょっとなんだけど)。

牛肉は甘すぎず、醤油強すぎずの程よい味付けがなされていて、釜玉うどんとして混ぜちゃうとなかなか美味しい。600円ちょっと払って、わずかに贅沢気分を味わってるんだから…と思うと、うっかり生卵を追加できるオプションが設定されていてもいいんじゃないかという気がしてくる。

釜揚げ状態のうどんが、牛肉の煮汁と溶き卵に馴染んでくると、すき焼きのシメにうどんを投入した状態に似てくる。とてもきれいとはいえないが、とりあえず旨い状態を簡単に味わえるのはなかなかいいんじゃないだろうか。

ちょっとかき混ぜてみたり

ちょっとかき混ぜてみたり

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です