水戸の「ふ和ら」でサク呑みして、うどんでシメてきた。

とりあえず、常磐線に乗り込んで水戸市のホテルにチェックインしてみたものの、どこで飲んだもんだか決めかねて、ホテルから見て、水戸駅を挟んで反対側の立ち飲み屋さんまで歩いて飲みに行った帰り、ふらふら歩いていたら、ちょっとおしゃれなお店を見かけたので入ってみた。

外見はカフェっぽい感じ。

ふ和らの外観

店頭でググってみたら、うどんが食べられるお店のようなので、うどんでも食べてホテルに帰るかーと思っていたら、メニューに載っていたのは日本酒…。なかなかヤバいではないか。

シメにうどんでも

お酒は純米酒だけのラインナップ。で、気の利いたアテが用意してあって、チビチビ飲んでいけってことだなと勝手に理解して一人二次会を開始することにした。

日本酒のメニューは豊富

確か、五橋だったか、凡だったか…。純米酒に合わせてみたのはヒラメの刺身。あぶらがのったヒラメだったけど、きれいに日本酒があぶらを切ってくれたので、新鮮な味覚で楽しむことができた。

ヒラメの刺身と。

なかなか酔っぱらってきたけれど、日本酒も二杯目に突入。刺身が冷たかったので、暖かいアテにしようと思って頼んだのが薩摩揚げと、ほたるいかの天ぷら。揚げ物の油もスパッと切ってくれる純米酒は実に優秀。さくっと飲み終わってしまいそうだったので、Kindleで本を読みながらチビチビと楽しんだ。

さつま揚げと。

ほたるいかの天ぷら

さてさて。うっかり日本酒を飲んでしまったが、ここ「ふ和ら」はうどんのお店だ。ということで、シメにざるうどんを選んでみた。オーダーが入る度に茹でてるみたいなので、がっかりするうどんは出てこないだろう。楽しみにしながら待つことしばし、ざるうどんがやってきた。

うどんを食べると、すぐ讃岐うどん比較をやってしまうのだが、麺のコシは讃岐うどんほどはっきりしたものはないけれど、やはり茹でたての麺は美味しい。のどごしは楽しめる。つけだしも讃岐うどんでよくあるタイプとは違って、宗田節とかサバ節の風味が強い印象ではあるけれど、雑に表現すると関東でよく出会う感じのダシだった。シメには悪くないな。

シメにはざるうどん

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です