水戸市の千波湖を眺めてきた。

水戸駅前の周辺でたっぷり飲んだ(「はちじゅう」で飲んだし、「ふ和ら」でも飲んだ)翌日、近くにある千波湖という湖を眺めに行ってみた。

どうやら、近くを流れている那珂川から千波湖に水が流れ込んでいて、水戸駅の南口は湿地帯だったようだ。そして、その湿地帯を干拓したということようで。ということは、水戸駅の北口と県道50号線の沿線はちょっと高い土地で、南口から千波湖にかけて低い土地ということらしい。京成百貨店あたりから千波湖方面に降りていくと、まぁまぁな下り坂があった。千波湖が水戸城の堀として使われたこともなんとなく納得できるような気がしつつ坂を下っていった。

市街地から千波湖はまぁまぁな下り坂

坂を下って、千波湖が見えた。ぱっと見た印象に過ぎないが、市街地のすぐそばにイイ感じの大きさの湖があるっていいなぁと思った。Wikipediaを眺めてみると、千波湖の推進は1m程度しかないようで、法律上は「河川」ということになっているらしいけれど(笑)千波湖を1周するランニングコースは3km。ちょっとランニングするにはほどよい距離だろう。水戸市街地が見えたり、湖畔に白鳥がぶらぶらしてたり景色も飽きないだろうし。市街地から近く、手頃なコースである当たりからして、ランナーが集まってきて混雑しそうな感じは皇居の外周によく似ているのかもしれない。

千波湖

千波湖の向こうには水戸市街

市街地の近くに湖があるのはいい感じ

千波湖に白鳥

千波湖は千波公園の一部であり、千波公園には水戸市で何回も見かけた気がする水戸光圀公の銅像が。千波公園の光圀公はちょっとデカいか。

千波湖にも光圀公

光圀公の銅像の脇の売店で売ってたのは、茨城メロンソフトクリーム。気温が上がってちょっと暑かったこともあって、メロンソフトクリームを買ってみた。うーむ、ばっちりメロンの色になっているけれど、メロンの風味もしっかりあって…まぁ、なかなかいいんじゃないでしょうか。

茨城メロンソフトクリームの看板

メロンソフト、うまい。

そして、朝だったせいか、まだ数珠つなぎで待機状態のスワンボートを横目で眺めながら、偕楽園まで歩いて行くことにした。

スワンボート

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です