勝田台の「立ち呑み 豚-ton- 」で立ち飲みしてみた。

またもや、仕事で勝田台にやって来ることになって、そのまま終業時刻となったので勝田台で飲んでから帰宅することにした。とはいえ、勝田台の居酒屋もよくわからないので、とりあえず駅前を歩いていたら見つけのが、立ち飲み屋さんの「豚-ton-」。

立ち呑み 豚-ton- の外観

まだ早い時間だったせいか、ちょい呑みアワーということで、19時までの時間限定でお得なメニューが提供されているようだった。その名も「ちょい呑みセット」。セットの中身はチューハイ2杯と、お任せ串1本、ちょっとしたつまみが一品付いて500円。これは安い。

ちょい呑みアワー!

チューハイと枝豆

日替わりの串として出されたのはレバーの串。まったく臭みのない、豚レバー。塩加減がいい感じで、美味しいなぁ…と。

日替わり串のレバー串

ここの焼きとんは美味しいのかもしれない…と思い、続いて焼きとんをいくつかお願いしてみた。

  • タン
  • ハツ
  • ガツ
  • ハラミ
  • バラ
  • シロ

いやはや、やはりやきとんが美味しい。ほぼシロ。あと、バラとシロはタレで。いやはや、タレもうまい。バラの脂がうまい。

ヤキトンを塩で。

豚バラ。

ここら辺でチューハイを飲み干してしまったので、日本酒の高清水をお願いしてみた。

日本酒は、高清水

続いて、レバーの串焼が美味しかったのでレバー炒めをお願いしてみた。これまた、レバー炒めもごま油が利いていて美味しい。一口サイズのレバー。さっと炒めたって感じの食感。やっぱり臭みはない。

レバー炒め。ネギがたっぷり。

あとは、そろそろシメってことで、本日限定の「煮出し 鶏ガラスープ」をお願いしてみた。コクのある鶏スープが美味しい。焼き豆腐が入っているのがなかなか憎い。これは液体おつまみだなぁ…。シメのはずなのに。

限定の鶏ガラスープ

しかし、カウンター越しに見える厨房でつまみが作られている様子は見ていて面白く、焼きそばから、豚モツの炒めものまで中華鍋一つで作っていた。なんか強いなーと。

壁にメニュー。

そして、tonの掟。

tonの掟

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です