霞ヶ浦の畔にある行方観光物産館で行方バーガーを食べてきた。 | 元・船橋市民の雑多なメモ
Menu Close

霞ヶ浦の畔にある行方観光物産館で行方バーガーを食べてきた。

行方市に用事があったので、ついでに行方市観光物産館こいこいに寄ってきた。

行方市観光物産館こいこいは、かすみがうら市と行方市を結ぶ霞ヶ浦大橋を行方市側に渡ったところ、ちょうど霞ヶ浦ふれあいランドのすぐ近くにあった。

行方市で穫れる農産物や、加工食品の販売に加えて、イートインスペースもあって行方市の特産品を手軽に入力できるらしい。

行方市観光物産館こいこいの外観はこんな感じ。

行方市観光物産館こいこいの外観
行方市観光物産館こいこいの外観

直売店では、野菜やお米に加えて、霞ヶ浦で捕れた魚(鯉とか)も売られていたし、その加工食品もあったりした。総じて、普段、見かけないものが売られていてなんだか楽しかった。そして、イートインスペースへ。とりあえず、コロナ対策ということで席が減らされていたものの営業は行われているようだった。

行方市観光物産館こいこいのイートインスペースはコロナ対応
行方市観光物産館こいこいのイートインスペースはコロナ対応
行方バーガー なめパックン案内
行方バーガー なめパックン案内
行方市観光物産館こいこいのイートインスペースの券売機
行方市観光物産館こいこいのイートインスペースの券売機

そばメニューがいくつかに加えて、パティの代わりに行方市名産のなまずや、鯉を使った行方バーガーが用意されていた。なんとなく、ここはなまずかな…ということで、なまずを使った「なめパックン」を買ってみた。

てか、えー、なまずかーって…思ったところもあるけれど食べてみたら、意外にも上品な白身魚で、臭みもないし、あっさり食べられた。美味しい。行方市観光物産館では「なめパックン」は数量限定みたいだったけど、都内や高速道路ののサービスエリアで販売したら、珍しさもあるし、売れそうな気がするけどなぁ。

行方バーガー なめパックンステッカー
行方バーガー なめパックンステッカー
行方バーガー なめパックン
行方バーガー なめパックン

「なめパックン」をあっさり完食して、イートインスペースを後にしようとしたら、ふと入口の看板が気になった。

茨城クインシーメロンソフトクリームの看板
茨城クインシーメロンソフトクリームの看板

茨城のメ赤肉ロンを使ったソフトクリームか…なんだかうまそうだな…ということで買ってみた。まぁ、美味しくないワケがないよなぁ。霞ヶ浦を眺めながら、食後のメロンソフトクリームとは…なんと贅沢なひとときだろうか。

茨城クインシーメロンソフトクリーム
茨城クインシーメロンソフトクリーム

ソフトクリームを食べてたら、駐車場の隅っこにバイクラックが設置してあってロードバイクが何台か引っ掛けてあるのを見つけた。霞ヶ浦にはサイクリングロードが整備されているから、行方市観光物産館こいこいで休憩しているローディーの皆さんのロードバイクだろうなぁ。訪れたときのように晴れている日に霞ヶ浦を自転車で走ったら気持ちよさそうだなぁ。

行方市観光物産館こいこいにはサイクルラックあり
行方市観光物産館こいこいにはサイクルラックあり
行方市観光物産館こいこいから霞ヶ浦
行方市観光物産館こいこいから霞ヶ浦
行方市観光物産館こいこいから霞ヶ浦大橋を眺める
行方市観光物産館こいこいから霞ヶ浦大橋を眺める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です