勝田台の「京都本格熟成醤油ラーメン 虎太郎」でラーメンを食べてみた。 | 元・船橋市民の雑多なメモ
Menu Close

勝田台の「京都本格熟成醤油ラーメン 虎太郎」でラーメンを食べてみた。

久々に勝田台でランチ。さて、何を食べようかなぁと思って考えていたら、虎太郎というラーメン屋さんが京都ラーメンを出すようになったことを思い出したので食べに行ってみた。

京都本格 熟成醤油ラーメン 虎太郎は京成、東葉高速の勝田台駅の南口を出て徒歩3分くらいの場所にある近くには居酒屋や焼き肉屋さんの赤門 勝田台店があったりして、勝田台の繁華街のエリアといった感じだろうか。

京都本格 熟成醤油ラーメン 虎太郎の外観
京都本格 熟成醤油ラーメン 虎太郎の外観

店内はカウンターとテーブル、奥に小上がりの席があった。とりあえず、カウンター席に座ってメニューを拝見した。

京都ラーメンというか、京都の醤油を使ったラーメンの種類は多く、ちょっとどれにするか悩んでしまった。

メニューは豊富。
メニューは豊富。

さりげなくテーブルに置いてあったけれど、ラーメン二郎インスパイア系のメニューと思しき、ラーメン豚郎なるメニューも提供しているようだった。メガは450gとのことで、プロ用とのこと。なかなかすごい。やはりこってりしたラーメンへのこだわりがあるんだろうな。

ラーメン二郎インスパイア系メニューもあり
ラーメン二郎インスパイア系メニューもあり

どのラーメンをお願いするか一通り悩んで、”京都吟醸はまぐりそば KOHAKU”というメニューにしてみた。薄口醤油を使いつつ、はまぐりのダシを訊かせたラーメンとのこと。あと、ランチということで、唐揚げのザンギとライスがセットにしたものをお願いした。

京都吟醸はまぐりそば KOHAKU
京都吟醸はまぐりそば KOHAKU

大きめのチャーシューと貝殻ごと載せられているはまぐりのインパクトが強いビジュアル。薄口醤油を使っているせいか、スープは透明感のある色合いに仕上がっていた。はまぐりのダシが入っているせいか、完全に透明という感じでもなかった。一口、スープをすすってみたけれど、はまぐり以外のダシも効いていて渾然一体となっていて美味しい。

スープは澄んでた
スープは澄んでた

麺は細目のストレート麺。スープとよく絡むし、するする食べられる。なかなかスープと麺の相性がいい。

細めのストレート麺
細めのストレート麺

ランチセットのザンギは想定よりも大きく、そして、おかずとして成立する、濃いめの味付けだった。もうちょっと若ければニヤニヤしながら勢いよく食べたんだろうけど、いい年のおっさんには多少ヘビーだった。

ランチセット。ざんぎと半ライス
ランチセット。ざんぎと半ライス

虎太郎の数多くのメニューの一つを食べたに過ぎないので、まだ食べていないメニューを食べてみたい。あと、ラーメン二郎インスパイア系メニューも気になるなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です