ちょうさ@馬喰町で、讃岐うどんを食べた。

先日、ネットでたまたま見つけた、讃岐うどんのお店を訪ねて、馬喰町まで出かけてきた。

お店の名前は「ちょうさ」。そういえば、香川県の西の方で、「ちょうさ祭り」ってのがあったなぁと思い出したけど、そのちょうさから名前を取ったんだろうか、などと思いながら、出かけた。食べログによると、お店の所在地は馬喰町だけど、総武線の江戸川橋駅から歩いてみた。距離的には、ほぼ誤差くらいの近さ。総武線が便利な場合は、素直に江戸川橋駅を使うのがいいかもしれない。

で、たどり着いた馬喰町は、THE 問屋街。服が大量に売られているけれど、店先に「小売はいたしません」との看板が出ている。

馬喰町の風景 その1

馬喰町の風景 その1

老舗の問屋街ということで、たまたま見つけた飲食店もなかなか年季の入ったいい感じのお店で、少し惹かれたけれど、今回はうどんを食べに来たのでスルーということで(汗)

馬喰町の風景 その2

馬喰町の風景 その2

後から考えてみれば、うどん屋の「ちょうさ」にとどりつくのに、問屋街をふらふらする必要はなかったことに気がつくのだが、少しだけ問屋街をさまよって、少し細い路地を入ったところに、「ちょうさ」はあった。

「ちょうさ」を目指して向かったはずなのに、店先で店主と思しき方が大きな声を出して、お客さんを呼び込んでいたので、なんとなく、その声に惹かれたフリをして店内へ。

店内は、「コ」の字のカウンターだけで、あんまり広くない感じ。土曜日ということで、お客さんの数はまばらな感じだった。いそいそと一番奥の席に案内されて、メニューを眺めてみた。

基本的には、かけうどん、もしくは、ぶっかけうどんのどちらかに、いろんな具が乗っかっているうどんがメインで、ざるうどんや釜揚げうどんのような、つけうどんはメニューに見当たらなかったのは、私が見落としたんだろうか。で、適当にセットメニューと、いくつか天ぷらをオーダーしてみた。

あと、サイドメニューに「ばらずし」があるのを見つけた。そういえば、香川でよく食べたような気がする。関東では、ちらし寿司と称するのかもしれないが、うどん屋にあるような、小皿に盛られたちらし寿司っぽいものは、やっぱり「ばら寿司」だ。

そんなことを考えていたら、ほどなくして、以下の写真のようなセットが出てきた。

ちょうさのうどん

ちょうさのうどん

まず、うどんはまぁまぁだった。コシが強烈って感じでもないけれど、ふにゃふにゃでもないような…。普段着のうどんって感じだろうか。「ばら寿司」を食べながら、香川の「ばら寿司」って、落花生入ってたかなぁと思ったが、西讃の方では入れるんだろうか。天ぷらは揚げたてだったので、文句なし。ちくわとイイダコだったかな。

ちなみに、Xperiaを買って、調子にのって歩いた経路をトラックしてみたのが、以下の地図。KMLをエクスポートして、GoogleMapのレイヤーとして重ねてみた。明らかに、道を間違って迷走していることがわかる(汗)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です