川崎大師に初詣してみた。

いつもの初詣スポットに初詣行こうかと思ったけど、たまには変わった初詣もいいかなと思いたって川崎大師に初詣に出かけてみた。

まずは、JRで川崎駅まで移動して徒歩で京急川崎駅まで。やっぱり川崎大師線のホームは混雑気味だった。

京急の川崎大師線ホーム

川崎大師線の行列

川崎大師駅に着いてしばらく歩いていると、表参道が見えてきた。

川崎大師の参道の入り口

川崎大師線が混んでた訳で、当然、表参道は混雑していた。ただでさえ狭い道路の脇にお店が出ていて、なんとなく歩きづらい状況になっていた。

参道に出店

仲見世通りは、表参道よりも人口密度が高くなっていた。うーむ、これは…。とはいえ、仲見世通りは参拝を終えた人用の一方通行になっていた。

川崎大師の仲見世通り

もう少し向こう側の通りから入場するようだ。その通りには、道幅一杯に川崎大師に向かう行列ができていた。しばらくの間、だらだらと道を進んでみたら、山門が見えてきた。

山門

…とはいえ、そこからも行列は続くわけで…

まだ行列は続く

やっと入り口にたどり着くことができた。

謹賀新年の横断幕

入り口からもまだ行列は続いていて、やっと見えた境内は人で埋め尽くされていた。

まだ続く…行列

やっと本堂が見えてきた

神奈川県警の皆さんが人の波を制御していて、スピーカー越しの指示に従って少しずつ賽銭箱に近づいていった。線香の煙が上がっているはずの場所ではあまりの数の線香のおかげで炎が上がっていた。

境内アナウンスは神奈川県警

炎を上げる線香

そして、やっと賽銭箱の前に到着。

やっとお賽銭箱の前に

とにかくお参りして、本堂の前を去った。本堂の脇にはかなりの数のお店が出ていた。おみくじ納め所や手水場も混雑していた。

本堂の脇には出店が

おみくじ納め所

手水場

わずかなスペースの庭にも人が歩いていた。

川崎大師の庭。

そして、庭を抜けたところで薬師殿があった。

薬師殿

本堂の脇にあるおみくじを販売しているブースは混雑していたけれど、薬師殿にあるおみくじ販売ブースは比較的空いていたような気がしたので、薬師殿でおみくじを買ってみた。おみくじを買うなら薬師殿で手に入れるのがいいのかもしれない。

薬師殿のおみくじ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です