ウエストで「替え玉うどん」を試してみた。

先日、「ウエスト 鎌ヶ谷店」でもつ鍋を食べてきたが、もつ鍋のシメにうどんを投入して堪能はしたけれども、ちゃんと、うどんメニューは食べてなかったので、改めてうどんを食べることにした。というわけで、改めて東武アーバンパークラインで鎌ヶ谷駅まで。

前回と同様にカウンター席に座って、メニューを眺めてみた。しかしまぁ、関東はそば文化ってことなのか、やたらとそば推しだし、そばが優遇されている気がする…というのも、うどんは大盛りにしっかり課金されるのに対して、そばだったら、三玉までの増量が無料。

ん?三玉…。うどんは「玉」で数えるけれど、そばは…なんだっけ。玉じゃなかったような気がするんだけども。ふと、厨房が目に入って分かった。ウエストのうどんは、1人前のうどん生地を筒から押し出す形で作っていたけれど、そばもおそらく同じ製法なんだろう。小麦粉で作った生地を押し出すとうどんに、そば粉で作った生地を押し出すと、そばになるといったところだろう。

…とどうでもいいことを考えながらメニューを眺めて、福岡のうどんっぽいメニューを選択してみた。ごぼう天のうどんに、丸天を追加。丸天は練り物の天ぷらなので、ちょっと油っぽいことを置いておけば、個人的にはなかなか悪くない…はず。あと、メニューによれば、うどんの替え玉をオーダーすることが可能なようだった。博多ラーメンと同じ方式。これはなかなか興味深い。

ごぼうは、多少の歯応えを残した状態で天ぷらになっていて、食べていて食感が楽しい。うどんだしが、関東の濃口醤油ベースのダシじゃないせいか。さくさく食べ勧められる気がする(この感覚は、やっぱり讃岐うどんが好きなことと無縁ではない気がする)

そもそものごぼう天と丸天のうどん

まぁ、うどん自体のコシは弱めだが、それはまぁ、そういうもんだということで。でも、これはこれでありかもしれないなぁ。

つるつるとうどんをすすっていたら、あっという間にうどんが無くなった。というわけで、替え玉をオーダー。届いたのは…ダシが少なめの小さなかけうどん。なるほど、スープと麺の補充ということか。興味深い。

届けられた、替え玉うどん

そして、小さなかけうどんの中身を、丸天とごぼう天うどんの丼に補充して、ふたたびうどんをすすりはじめた。

元々の丼に戻して、うどんが復活。

…またしても、「ウエスト」で満腹になってしまった。食べ過ぎかもしれない。しかし、この「ウエスト」が近所に店を出してくれると、楽に行けるようになるし、もっと通うんだけどなぁ…。いやはや。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です