とりあえず、常磐線で勝田駅を目指してみる。

せっかくの連休なのに、家でぼんやりしているのももったいないのでどこかでかけてみることにした。あんまり遠いところにでかけるのも疲れるし…ってことで、とりあえず何の当てもなく、茨城県の水戸市方面にでかけてみることにした。楽天トラベルで水戸市内のビジネスホテルの予約。まぁ、後はなんとかなるだろうと思いながら、下着などをリュックサックに詰め込んで家を出た。

上野東京ラインができたおかげで、常磐線に乗るのに上野駅まで行かなくて済んだので、東京駅の常磐線ホームで特急券を購入。向こうのホームに、成田エクスプレスでお馴染みのE259系車両が止まっていた。伊豆方面に向かう、踊り子号がよく止まっているホームだったはずだけどなぁ…と思ったら、これはマリンエクスプレス踊り子号というらしい。東京駅から伊豆急下田駅まで走っているそうだ。1日1便だけの運航なのでなかなかレアなものが見られたのかもしれない。…っていうか、ヘッドマークを写しそびれた。

東京駅に「マリンエクスプレス踊り子」

ちょうど昼時ってことで、ぱぱっとホームを降りて弁当とビールを買って戻ってきたら、ちょうどいい時間。ときわ61号が入線してきた。おもむろに指定された席に乗り込んで周りを見回してみたけれど、さほど混んでおらず、少なくとも、ときわ61号には連休感はなかった。さて、弁当をいつ開けようかそわそわ考えていたら、そっとときわ61号は走り出した。あっという間に松戸を過ぎて、そろそろ柏かなーと思ったあたりでおもむろに弁当を開けてみた。弁当は崎陽軒のシュウマイ弁当。この弁当、弁当としての完成度も高いが、つまみとしての機能性もかなり高い。鮪の照り焼きや、甘めのたけのこ煮でちびちびと飲むのはなかなか楽しい。

駅弁の定番は崎陽軒のシュウマイ弁当…ちょっと食った後(笑)

車窓を過ぎていく光景は、めまぐるしく雰囲気を変えていった。金町や亀有あたりではマンションやお店などが続いていたが、柏を過ぎて我孫子辺りになってくると緑が増えていく。

我孫子駅あたり…だったかな

取手を過ぎて、茨城県内の駅のあたりになってくると、一気に田園風景というか、のどかな風景が続く。

かなりのどかな景色

電車は水戸駅で停車し、多くのお客さんを降ろした後、終着駅までの残りの行程を走り始めた。ときわ61号の終点は、ひたちなか市にある勝田駅だった。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です