Menu Close

大阪うどんの老舗「うさみ亭マツバヤ」まで出かけてみた。

せっかく、大阪まで来たんだし…ということで、宿泊したホテルの近くの「うさみ亭マツバヤ」までうどんを食べにいってみることにした。


心斎橋筋から少しはいったところにあるお店は、昔ながらのうどん屋さんという雰囲気ではあるが、多くのお客さんがうどんを食べに来ていることが伺える活気のようなものも漂っているようだった。

「うさみ亭マツバヤ」の外観。
「うさみ亭マツバヤ」の外観。

老舗というということで身構えてしまっていたような気もするが、関東にいくつもある老舗系そば屋さんのような気軽さというか、ざっかけない雰囲気もあった。
メニューを眺めてみると、いくつも興味深いメニューがあったが、すんなりきつねうとんを食べるべきなのか逡巡することしばし。迷うだけ迷った後に「きつねとじうどん」をお願いしてみた。

「うさみ亭マツバヤ」の店内
「うさみ亭マツバヤ」の店内

ほどなくして提供されたのは、こんな感じのおうどん。

うさみ亭マツバヤの「きつねとじうどん」
うさみ亭マツバヤの「きつねとじうどん」

なんとも美味しそうなビジュアルだった。たっぷり感のある卵とじに、存在感のあるねぎ。うさみ亭マツバヤ名物のきつねは卵の近くで潜んでいた。茹で置きのやわらかいうどんは、食べやすくてスルスルと入ってくる。しっかりとした甘みのあるきつねとダシが効いたつゆの相性は抜群。うーむ。讃岐うどんとはまた違う旨さだ。そして、讃岐うどんでは見かけないような
、卵白で作った薩摩揚げのようなものが入っていた。そして、ゆずの皮がひとかけら。それに、ダシがきっちり利いていてきちっと熱々のつゆ。いいなぁ。

麺は太くもなく、細くもなく…。
麺は太くもなく、細くもなく…。

お茶の入ったやかんが厨房近くにあって、セルフサービスでおかわりしていいようだった。おかわりを注ぎにいったら、厨房の奥で麺を作ってるのが見えた。自家製麺ってところだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です