高松空港のうどんだし蛇口を見てきた。

先日、実家に帰省した際に高松空港に立ち寄る機会があったので、”あの蛇口”を探してみた。

そもそもは愛媛のポンジュース蛇口だったような

香川県のお隣の愛媛県はみかんの生産量が日本一。そのみかんを使ったポンジュースも愛媛ではかなりメジャーな飲み物になっていて(ま、関東で暮らしているとポンジュースを見かける機会はそう多くはないけれど…)、それは水と同じくらいに身近なものってことで、「愛媛の家庭にはポンジュースの出る蛇口がある」なんてウワサがまことしやかに語られていたらしい。

そして、そのウワサを受けて、愛媛県がポンジュースが出る蛇口を松山空港に設置したのが先だったような気がするが、一応、香川県でも「讃岐では蛇口をひねるとうどんのだしが出る」と言われていることにして、高松空港に讃岐うどんのダシが出てくる蛇口が設置されている。

意外と分かりづらいところに、うどんだし蛇口

そんなわけで高松空港をうろうろしてみたが、到着ゲートのあたりには見当たらなかった。…ま、当然か。空港に到着した人はさっさと空港から立ち去りたがるので、到着ゲートあたりに蛇口に設置しても見向きもしないだろう。となると、出発ゲートの近くかってことで、高松空港の2階をうろうろしてみた。

高松空港の2階にもやはりうどん屋があって、そして、その向こうにファミリーマートがあって、その向こうに香川県が設置していると思しき、観光特産品展示コーナーがあった。まぁ、高松空港から飛び立とうとしてる人達に香川県をPRってことで、最後のあがきのような感じだが(笑)その奥に、こんなパネルがぶら下がっていた。

高松空港のうどんだし蛇口の看板

高松空港のうどんだし蛇口の看板

というわけで、あの蛇口はあった。なんかこう…実に唐突な蛇口だ。しかも、紙コップは設置されているものの、うどんだしの在庫が切れていて「本日は終了しました」の札がかけられていた。あー、まじか。

ちょっと調べてみると、このうどんだし蛇口のだしは高松空港2階のうどん屋「さぬき麺業」が提供しているもので、1日10リットルの限定提供ってことで、夕方に訪れると在庫切れを起こしていたってところだろう。あー、まじか。今回は蛇口の写真を撮るだけしかできないが、今度の帰省では蛇口殻出てくる、うどんだしを飲むことにしよう。

高松空港のうどんだし蛇口

高松空港のうどんだし蛇口

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です