骨付鶏 一鶴でおやどり。

香川というと、やはり讃岐うどんが有名だが、わざわざ香川までやってきて、うどんだけだとさすがに飽きるってことで、近頃は骨付鳥が注目され始めているような印象。骨付鳥の老舗というと、一鶴がよく知られていて(確か、骨付鳥は、一鶴の登録商標だったはず)、高松の繁華街にある一鶴のお店は、夜に行列ができてたしなぁ…。

…ってことで、丸亀市にある一鶴本店の近くの土器川店まで、ランチに骨付鳥を食べに行ってきた。土器川のほとりにあるお店だし、ランチなら空いてるだろうと思ったが、思ったよりもお客さんがいて、やはり一鶴は人気なんだなーと思いながら、ちゃちゃっとオーダーを済ませて、骨付鳥の到着を待ってる間には、生ビールとかわ酢。カリカリに焼かれた鶏皮が美味しくて、ビールとの相性は抜群。あー、たまらん。

一鶴のビール

一鶴のビール

一鶴のかわ酢

一鶴のかわ酢

かわ酢とビールを堪能している間に、ほどなくしておやどりが到着。ひなどりと比べると、硬い印象のあるおやどりだけど、濃いめの味付けの鶏肉を噛み締める旨さというか、肉を喰ってる感じがして、なんとも美味しい。

一鶴のおやどり

一鶴のおやどり

一鶴のおやどり

一鶴のおやどりのアップ

濃いめの鶏肉をガシガシ食べてると、さすがにビールが進む。そこで、2杯目のビールは普通のビールに黒ビールを加えた「ハーフ&ハーフ」に。黒ビールの風味が合うような気がする。

一鶴のハーフ&ハーフ

一鶴のハーフ&ハーフ

いい加減、あごが疲れ始めた頃、おやどりを完食。おやどりが乗ってた皿に残った油をおむすびに浸しながら食べて、一鶴ランチを終了。実に満足度の高いランチだった。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です