西船橋の”ぴんきり”で立ち飲み屋さんランチ!

総武線で船橋駅方面から西船橋駅に着く直前に、ちらっと見える看板が気になっていた。看板に書いてあるのは「立ち呑み ぴんきり」という店の名前。”ぴんきり”ってお店の名前には珍しいなぁと思いつつ、その実態がよくわからないまま、なんとなく”気になる”状態のまま、長らくほったらかしにしていた。そして、先日、同僚から西船橋の”ぴんきり”がランチをやってるのを見つけたという話を聞いて、偵察がてら出かけてみることにした。

総武線から見えていたのは、この看板。よく見ると”the”まで付いていたのか…。立ち呑みにかける自信の現れだろうか。

立ち飲み屋"ぴんきり"の外観

立ち飲み屋”ぴんきり”の外観

店頭にはランチのぼり。同僚からの情報どおり、”ぴんきり”はランチをやっているらしい。

立ち飲み屋"ぴんきり"、ランチやってます。

立ち飲み屋”ぴんきり”、ランチやってます。

もう一つの看板によれば、ランチメニューの中にローストビーフ丼がラインナップされているようだ。お店は地下。建物の上の階には、鳥貴族が入ってるし、1階は博多劇場に、串カツのでんがな。かなりの居酒屋密集地であった。店内は思ったより広いスペース。机がいくつか置いてあって、スツールがあった。…立ち呑みだけど、座って飲むこともできるらしい。

立ち飲み屋"ぴんきり"のランチの看板

立ち飲み屋”ぴんきり”のランチの看板

メニューのラインナップはそう多くはないけれど、居酒屋のランチなので、まぁ、これくらいが妥当なメニュー数かもしれない。しかし、国産牛ステーキ丼ってのは、なかなか思い切ったメニューだなぁと。サラリーマンのランチにかけられる予算は減少著しいと聞くので、この価格帯のランチをぽーんと食べられる人はどれくらいいるんだろうか。まぁ、大きなコンペで勝ったなど、何かいいことがあった日のランチならアリかもしれないが…。

"ぴんきり"のランチメニュー

“ぴんきり”のランチメニュー

そんなわけで、国産牛ステーキ丼を気にしつつも、プルコギ丼を選択。まずは、プルコギ丼に付属している自家製のコチュジャンと、ランチのセットのみそ汁とサラダが到着。

プルコギ丼についてくるサラダとみそ汁

プルコギ丼についてくるサラダとみそ汁

プルコギ丼についてくる自家製コチュジャン

プルコギ丼についてくる自家製コチュジャン

ほどなくして、到着したのが、この石焼きプルコギ丼。”石焼き”とあるように、熱々に熱せられた石鍋で登場。居酒屋のランチってことで、おつまみアレンジかなぁ…くらいの期待値ではあったけど、ランチ向けに気合をいれて作っている感じ。なかなか本格的な風貌。

石焼きプルコギ丼

石焼きプルコギ丼

おこげをつくるべく、しばらく待ってからスプーンで鍋の底からかき混ぜてみた。石鍋が熱々なので、いい感じにおこげができた。コチュジャンを混ぜつつ、一気にかきこんだら、やっぱり熱かった(汗)でも、ランチって提供スピードを考慮してなのか、食べやすさを考慮してなのか、意外と本格的に熱いものが出てこないような気がするので、これはうれしい。

ごはんも多少は多めだったが、それに合わせてそぼろ状の肉もたっぷりと入っていて、もやしやニラの食感の変化もあって、おいしい。完食する頃には、がっつりとランチを楽しんだという満足感があった。

石焼きのおこげ

石焼きのおこげ

“ぴんきり”というお店の名前で、ちょっとドキドキはしたが、ランチはおいしかった。しかし、わざわざタイ風のカレーをメニューに入れているということはきっと自信があるんだろうなぁと。次回はたタイ風のカレーを試してみたいところ。夜の立ち飲み屋さんのおつまみも期待できそうな気がする。

参考リンク:
立ち飲み風 小鉢居酒屋 ぴんきり

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です