第6回白馬国際トレイルラン応援:スタート

2016年9月11日、長野県の白馬村で「第6回 白馬国際トレイルラン」が開催された。私自身は出走しなかったけれど、出走した選手達を応援するために白馬村まで赴いてきたので、その記録を残しておこうと思う。

この白馬国際トレイルランのコースは、

  • 約50kmを走るロングコース
  • 約35kmを走るミドルコース
  • 約20kmのショートコース
  • 約7kmのファミリー&トライアルコース

で構成されており、一番距離の長い=ゴールまで時間のかかるロングコースのスタートは朝7時。故に、千葉からの参戦となると、前泊は必須となる。そのため、前日の9月10日の12時頃、船橋市某所を車で出発した。京葉道路、首都高、関越道、上信越道を乗り継ぎながら、長野ICで高速を降りて、オリンピック道路を白馬村方面に走って、到着したのは17時前。途中のサービスエリアで休憩したとはいえ、かなりの長旅だった。

そして、大会の実行委員会に手配してもらった宿にチェックインして、とりあえず酒盛りをして(汗)21時頃には就寝。起床は午前4時だったか5時だったかで、宿の方に用意して貰ったお弁当を寝ぼけながら食べて出発。トレイルランの朝は…早い。

今年で3回目の参加になるが、その度に宿泊する宿が違うが、今回は「コミュニティハウス チロリアン」という宿にお世話になった。宿泊していたのは、白馬国際トレイルランに参加する選手と応援担当の私の他には、どこかの大学のゼミと思しき一団が宿泊していた。確かに、白馬村は大学のゼミの夏合宿にはいいかもしれないなぁとぼんやりと思った。

前泊したのはコミュニティハウス チロリアン

前泊したのはコミュニティハウス チロリアン

コミュニティハウス チロリアンの外観

コミュニティハウス チロリアンの外観

荷物を車に載せて、向かったのは駐車場が用意されている岩岳のふもと。ここに車を止めて、スタート地点までは実行委員会が用意したマイクロバスで向かう。バスは混むかなと思ったけれど、意外とそうでもなく、すんなりとスタート地点の八方インフォメーションセンターの近くに到着。

天候は晴れでもなく、どんよりとした曇りでもなく…。スタート地点付近には、選手が集まってきていた。多少の緊張感(応援するだけの私が緊張する必要などみじんもないのだが…)と、眠気でいまいち頭が働いていない状態のまま、スタート地点の脇でぼんやりと立っていた。

いやー、スタートです。

いやー、スタートです。

スタートした後、選手が駆け上がるのが八方尾根。ふもとから見上げると、山頂の方では雲が沸いたり消えたりしながら、ころころと表情を変えているのが見えた。スキー場を登っていくとうのが、ちょっと意味分からないけれど(遠い目)

ふもとから見上げる八方尾根

ふもとから見上げる八方尾根

以前もそうだったが、スターターはサプライズゲストが務めることになっているらしい。以前は、スキーのモーグルの上村愛子さんが登場したこともあったような…(記憶違いだったら申し訳ない)そして、今回のスターターは松野明美さんだった。

松野明美さんがスターターでした。

松野明美さんがスターターでした。

朝7時前なのに、かなりのハイテンション、さすが…としか言いようがない。熊本県議としての仕事の合間を見て、白馬村までやってきているだろうから、きっと疲れているんだろうなぁ…と思いつつも、ご本人はこっちの勝手な心配とは裏腹に、声を張り上げて、スタート前の会場を盛り上げていた。

松野明美さん、元気いっぱいでしたね

松野明美さん、元気いっぱいでしたね

そうこうしているうちにスタート。スタートといっても、選手全員が一気に駆け出せるほどの幅もないのでゆるゆるとスタートしていく。

スタートして八方尾根に向かいます

スタートして八方尾根に向かいます

コースとなっている道路の脇には、地元の皆さんが並んでお見送り。白馬国際トレイルランは、地元の皆さんがこの大会をサポートしている様子が随所に見られて、”地元を挙げて”感が色濃く漂う大会。応援しているだけの私でもそんな気がするので、走りながらエイド毎に白馬村の皆さんに接している選手の皆さんはもっと感じているだろうと思う。こういった空気感というか、雰囲気が白馬国際トレイルランの特色になっているようにも思う。

スタートでは地元のボランティアのみなさんがお見送り

スタートでは地元のボランティアのみなさんがお見送り

選手の皆さんが八方尾根を駆け上がっている頃、私は応援バスツアーのバスの時間を確認しながら、スタート地点近くのローソンでグリーンスムージーを買って飲みながら、山を見上げていた。すると、スタート前よりも雲の様子がころころと変わっていて、ちょっと驚いた。ほぼ同じところを撮った2枚の写真だが、10分くらい経つと様子ががらっと変わっているのである。山の天気は変わりやすいってのは、こういうことなのか…。

山の天気は変わりやすい after

山の天気は変わりやすい after

山の天気は変わりやすい before

山の天気は変わりやすい before

ぼんやりと眺めていたら、スタート地点でロングコースの選手を見送った松野明美さんが、アップしているのが見えた。今の仕事は県会議員だけど、オリンピックにまで出場したランナー…ってことで、やはり白馬の山々を走るんだろうか。

というわけで、「第6回白馬国際トレイルラン応援:スカイアークエイド」に続く。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です