Menu Close

「熊谷うどん 熊玉や」で熊谷うどんを食べてみた。

JREポイントが貯まってきたので、上野東京ラインのグリーン券に使ってしまおうと思って、なんとなくふらっと埼玉県熊谷市まで出かけてみた。たぶん、近くないなぁと思ってはいたけれど、やっぱり熊谷市は遠かった…。


なんとか熊谷駅までたどり着いて、腹ごしらえでもしようと熊谷駅の改札を出てお店を探してみることにした。

熊谷駅の改札の近く。

モスバーガーなどのチェーン店が並ぶ中、非チェーン店っぽいうどん屋さんが営業しているのを見つけた。お店の名前は「熊谷うどん 熊たまや」であった。店頭には小さな券売機が置いてあって、まずは食券を買う仕組みのようだった。

熊玉やの外観。

券売機を眺めながら、「具だくさんつけ汁うどん」のチケットを買ってみた。チケットを買ってから、店員さんに案内してもらったカウンターの席に座った。

熊玉やの券売機

カウンターに座ってぼんやりしていたら、店内に貼ってあるいろんな掲示を眺めていたら、熊谷うどんは「第8回全国ご当地うどんサミット in 熊谷」でグランプリを取ったらしい。まぁ、熊谷でやったイベントだったら、まぁ、地元のうどんがグランプリを取るだろうなぁとぼんやり思ったけれど…。

店内に飾ってある賞状。

すると、店員さんからゴマが入った状態でミニすり鉢が提供された。どうやら、うどんを待っている間に自分の好きなような七味を作っていいようだった。色んな材料をゴマに加えて、ごりごりと擂っていたら、なんとなくマイ七味が完成。熊玉やでは、オーダーが入ってからうどんを茹でているようなので、待つ時間にこういう趣向があるのはなんだか楽しい。

すりこぎに胡麻。
七味の材料。
作成完了した、マイ七味

七味が完成してしばらくしたら、つけ汁とうどんが到着。うどんは細切りのうどん。多少、待つこともあって茹でたてだった。地粉を使ったうどんのようで、なかなか美味しい。つけ汁うどんとしては、埼玉県でよく見かけるタイプのもの。ある意味、郷土料理を出すお店といったところだろうか。

つけ汁は醤油感の強いつけ汁。具材は茄子、ねぎ、しいたけ、豚肉。確かに具だくさん。いろんなダシがミックスされて、滋味溢れる味わいになっていた。マイ七味を追加してもなかなか新鮮な味わいで、これまた美味しい。

熊谷の地粉をつかったうどん
具だくさんつけ汁うどんのつけ汁。

ふと、店内を見ると、生卵がサービスになっているようだった。濃いめの味付けのつけ汁だったので、生たまごを入れるとマイルドになって、いい味変アイテムとなった。うーむ、生卵はやっぱり正義だ。

生卵1個、サービス!
つけ汁にサービスの生卵を落としてみた。

熊谷駅のうどん屋さんということで、ここまでしっかりしたうどんが提供されるとは思っていなかったので(失礼…)とても満足してうどんを平らげてお店を後にした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です