勝田台の「金ちゃん BEYOND」で中華sobaを食べてみた。

「中華ソバ 篤々」をはじめとして、ラーメンの美味しいお店が集まっているようにも見える勝田台。そんな勝田台に新たにラーメン屋さんがオープンしたという話を聞いて勝田台までラーメンを食べにきた。


お店の名前は「中華そば金ちゃん BEYOND」。先日、八千代市役所の前まで食べにいった「中華そば 金ちゃん」の2号店らしい。オープンしたのは2019年の3月らしい。そして、調べてみると「中華そば 金ちゃん」のルーツは山形県の中華そばのお店…ということのようだった。

さて、京成勝田台駅の改札を出て、南口を出たらお店がちらっと見える…くらいの距離感。まぁ、大して離れていなかった。

勝田台の駅前にある「金ちゃんBEYOND」
勝田台の駅前にある「金ちゃんBEYOND」

店頭には券売機が置いてあって、食券を買ってからお店に入る方式らしい。券売機を眺めてみた感じだと、中華そばのスープは醤油と味噌の2種類のスープ。そして、トッピングが焼豚かワンタンといったところだろうか。

とりあえず、わんたん中華Sobaと半ライスのチケットを購入して入店。

自販機。
自販機。

店内はカウンター8席。お店の規模としては小さいお店という感じだろうか。店内の掲示によると、中華そばは、麺の硬さと油の量は調整可能らしい。そして、厨房を眺めていた感じでは、チャーシューはオーダーのたびに炙っているようだった。香ばしいチャーシューっていいなぁ。

そして、ほどなくして中華そばが提供された。

わんたん中華Soba
わんたん中華Soba

ぱっと見た感じでは、上品な中華そばといった印象。そして、街中華で食べられるような、中華料理寄りの中華そばよりは、どちらかというと、そばとかうどんに近いような印象も受けた。

スープは少し甘さを感じるスープ。強いパンチがあるわけではないけれど、丁寧に作られて毎日でも食べられそう。スープに漂っているのは鶏のうまみかな。金色に輝くスープといってもいいかもしれない。

トッピングには鶏ムネのチャーシューと、豚肉のチャーシュー。豚肉のチャーシューには醤油の味わいがよく染み込んでいて美味しい。さらに大きめのワンタン。加えてミツバ、ネギ、小松菜。メンマにのり、ナルト。ワンタンの餡にはしょうがの風味がよく効いていた。

麺をぱぱっとすすり終えて、半ライスをスープと一緒に雑炊風にして食べてみても美味しかった。しかし、かのスープでの味噌スープってどんな感じだろうなぁ。ちょっと気になるところだから、また勝田台に来ることがあれば再訪してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です