白馬村の「八方美人」でしょうゆラーメンを食べた

先日、白馬国際トレイルランの応援に行っていたが、応援バスツアーの後に「倉下の湯」で温泉に入った後、松川を渡って、ふらふら歩いていると、そばの花が咲いているのが見えた。そうか、長野県まで来てるんだし、そばでも食べようかと思ったが…八方インフォメーションセンターの近所に蕎麦屋さんが見当たらなかった。うーむ…。

白馬村ではそばの花が咲いていた

白馬村ではそばの花が咲いていた

白馬村を流れる松川

白馬村を流れる松川

どこか腹ごしらえできるところはないか、探してみたら「八方の湯」の前にラーメン屋さんがあることに気がついた。その名も「温泉らーめん 八方美人」。どこかの温泉の名前みたいだなと思ったら、麺に温泉水を使ったラーメンを食べられるらしい。

八方美人の外観

八方美人の外観

店内はカウンターとテーブル席がいくつか。メニューを眺める感じだと、スープは醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメンのオーソドックスなラインナップ。とりあえず、醤油らーめんにしてみようってことで、チャーシュー麺を醤油スープでお願いしてみた。

八方美人のメニュー

八方美人のメニュー

ほどなくして、やってきたのがこの一杯。「昔ながらの」っていう形容詞がしっくりくるような、そんな醤油ラーメンがやってきた。まぁ、見た目は地味だけど美味しい。何時間も並んで、気構えて食べるラーメンではなく、ふと、「あー、ラーメン食べたい」と思った時に、普段着で食べに来るラーメン、そんな気がする。まぁ、もしかすると、ラーメンフリークのみなさんからすると、派手さに欠けるとか、パンチが足りないって評価になってしまうかもしれないけれど、でも、毎日、食べてもいいものにはそういう要素を求めないように、ここのラーメンはこれでいい気がするなぁ。温泉上がりに食べるのもいいかもしれない。

チャーシューめんの醤油

チャーシューめんの醤油

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です