久しぶりに、松戸の「大都会」に行ってみた。

かなり前に、”松戸の24時間営業居酒屋「大都会」に行ってきた。“という記事を掲載したが、その後、しばらく松戸に行く機会がなかった。で、先日、久しぶりに松戸に行く機会があったので、久々に「大都会」の階段を降りることにした。

システムは、前回訪れた時のまま。2つある入り口の階段の片方のすぐ近くに置いてある券売機にて、チケットを購入し、そのチケットをカウンターに提出し、提供を待つ仕組み。飲み物は割とすぐ出てくるのでチケットを出した後、待っててもいいけれど、おつまみは時間がかかるので、そっと居場所を見つけて待っておくのがいいかもしれない。

おつまみができるのを待ちつつ、ちびちびと飲み物を飲みながら、メニューを眺めてみるのもいいかもしれない。券売機を眺めてみるとわかるのだが、実にメニューが多い。とはいえ、次々にお客さんがやってくるから券売機の前で悩み続けるのも難しいからだ。そして、店内に置いてあるメニューは、券売機と同じ配置になっているので、おおよその位置を確認してから券売機に向かってチケットを購入すればスムーズに購入できるはず。飲み物にしても、おつまみにしても安い。いわゆるセンベロが狙える価格帯なのが嬉しい。

飲み物メニュー

おつまみメニュー

適当にメニューを眺めて、次はどんなチケットを買おうか悩んでいると、厨房の方から声がかかる。おつまみが出来上がったということだ。他のお客さんと同じメニューをオーダーするリスクもあるのでチケットに書いてある番号を把握しておく必要がある。

今回は、最初に生ビールを頼んで、おつまみに「ねぎとろ刺し」を選んでみた。すぐ出てきそうな読みがあたって、さくっと出てきた。値段は350円。「大都会」価格からすると、ちょっと高めのメニューではあるけれど、海苔が付いてくるのが嬉しい。

ねぎとろ刺しは350円

ねぎとろ刺しの次に呼ばれたのが、「ハムエッグ」。こちらは250円。ハムエッグは朝食のおかずだと思われがちだが、醤油をたらすと、それなりにおつまみになるような気がしていたのだが、大都会のメニューにちゃんと存在してたようで何より(笑)

ハムエッグは250円

ハムエッグとねぎとろ刺しをつつきながら、店内に目をやると、こんなお知らせが貼ってあった。基本的に店員さんは厨房にしかいないので、自分が食べたあとの片付けは自分でやりましょうということらしい。最後にまとめて持って行くのもいいけれど、券売機で買ったチケットを持って行くついでに食器を片付けるのもいいのかもしれない。

セルフサービスのお知らせ

で、ここで生ビールを飲んじゃったので、あらかじめ買っておいた角ハイボールのチケットを2枚持ってカウンターに。「メガで!」と声をかけると、ハイボール2杯分より少しお得なメガハイボールを出してもらえる。

メガジョッキのハイボール。500円

んで、ついでに既に買ってあった「タコチヂミ」のチケットも出しておく。こちらは250円。チヂミはちょっと時間がかかるかなぁ…と思いつつ。

タコチヂミは250円

一通り、飲んだところでトイレへ。トイレには、こんな張り紙。「松戸警察署のきつい指導」のあたりにお店の意思を感じる(笑)

トイレのお知らせ

トイレのついでに、チケットを追加で買っておくことにする。ある程度、おつまみが片付いた段階で、そのチケットを提出。ほどなくして提供されたのが、ホルモン焼きといか焼き。350円と300円。これまたお買い得。

ホルモン焼きは350円

いか焼きは300円

黙々と飲んでパパッと飲んで帰るおじさんもいれば、年配の方が鏡月のハーフボトルと氷と割り物を頼んでチビチビと飲んでる姿も見られた。いろんな人生模様が見られるのも、「大都会」の魅力の1つだと思う。

今度は期間を空けずにまた「大都会」に飲みに来ることにしよう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です