Menu Close

ふたたび、横浜の「一鶴」でおやどりを食べてきた。

先日、横浜駅近くにある一鶴まで骨付鳥を食べに行ったが、久々に一鶴の骨付鳥を食べたくなったので再び横浜に向かった。

横浜駅からビブレ方面に歩いて行ってエレベーターを上がってみたら、すんなり店内に案内してもらえた。

さて、なんとなくオーダーするものは決まってるけど、改めてメニューを眺めてみる。

おやどりかひなどりか…
おやどりかひなどりか…
おつまみメニューなど
おつまみメニューなど
飲み物もいろいろと
飲み物もいろいろと

そして、まずはビール。黒ラベルと黒ビールをミックスさせる「ハーフ&ハーフ」でお願いした。とりあえず、生ビール。ベタなオーダーたけど、やっぱり美味しい。

定番の「ハーフ&ハーフ」
定番の「ハーフ&ハーフ」

横浜の一鶴の骨付鳥はオーダーから程なくして提供されることを知っていながらも、これまた定番の「かわ酢」を頼むのはやめられなかった。カリッとクリスピーな食感と、ほどよい酸味と甘味がいい三杯酢が美味しいし、ビールにもよく合う。…一人なのに、うっかり2人前くらいは食べられそうな気がする。

これまた定番のかわ酢
これまた定番のかわ酢

かわ酢とほぼ同時に提供されたおやどり。このにんにくが効いた味付けがたまらない。この香りだけでビールが飲めそうになるなぁ。実に美味しい。

おやどりの下で、銀の皿にたまってる油もキャベツを浸してビールのアテにすることを忘れずに…。無心に骨付鳥に食らいつきながら、これだけ集中して食に集中する料理ってなかなかないよなぁ…としみじみ思う。

おやどり。やはりうまい。
おやどり。やはりうまい。
キャベツも忘れずに
キャベツも忘れずに
あぶらがうまい。
あぶらがうまい。

おやどりを食べ尽くして、とりめしをお願いした。食欲を解放して放心状態から現実に返るためにも、素朴な炊き込み御飯とスープは重要かもしれない。実に落ち着く一品。こういうシメまで用意してあるのは、さすが老舗といったところだろうか。

とりめし。うまし。
とりめし。うまし。
とりめしに付いてくる鳥スープ
とりめしに付いてくる鳥スープ

実に満足度の高いランチだった。しばらくすると、禁断症状が出て、横浜行きの電車に乗っちゃうんだろうな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です