勝田台の「赤門」で焼肉ランチを食べた。

またもや勝田台で用事があったので、以前から気になっていた、焼き肉屋さんの「赤門」にランチに出かけてみた…が、うっかり外観を撮り忘れた…。。。。そして、ちょっと遅めの時間ではあったけれど、店内には何組かのお客さんが焼肉ランチを楽しんでいた。

というわけで、まずは無煙ロースターを独り占め。

ひとりランチなので無煙ロースターを独り占め

メニューは何種類か用意されていたが、その中に11時から11時30分までの時間限定の提供となっているのが、「情熱ランチ」お肉が100gで600円。焼肉ランチで600円。…実に安い。しかも、600円の1種類ではなくて、お肉を200gにすると900円といった形でアップグレードできるようにもなっている。しかし、情熱ランチの時間は過ぎてしまっていたので、お肉が200gで1290円の「赤門ランチ」をオーダーしつつ、スープを250円の追加料金を支払ってカルビスープにアップグレードしてみた。

無塩ロースターは簡単な操作。炭火だと細かい調整がしづらいもんなぁ。。。

無縁ロースターの操作は簡単。

ほどなくして、お肉が登場。200gだとたっぷり感があって、なんだかニヤニヤしてしまった。漬けだれが染みている。赤門のランチではサラダ、キムチ、ワカメスープ、ご飯(白米か麦飯が選べる)がセットになっているので、続々と運ばれてきた。

赤門ランチ。肉がたっぷり。

セットのワカメスープからアップグレードしたカルビスープも登場。少し辛みを感じるスープには、よく煮込まれた肉の塊が入っていて、満足度高め。

カルビスープ

カルビスープには肉の塊が…!

ややコーフンしながら、肉を焼き始めた。

いやはや…興奮の焼き始め。

肉が焼けるまでの間にたれを準備しようとしたら、たれの種類が実に豊富に用意されていた。たれをいくつか味見してみたけれど、全体的には甘味が強めのたれだなぁという印象。「会長Goタレ」と書かれたタレは、少し甘味を押さてあるような感じで美味しい。…会長ってことは、赤門の会長が考案したたれってことかな。すると、「Go」ってなんだろう…?

たれがいっぱい。

会長Goたれと新甘口たれ

タレで遊んでいると、肉が焼き上がった。「会長Goたれ」に付けてご飯と一緒に食べてみると幸せな気分になれた。メニューにビールって書いてあったなぁと思い出しつつも、ご飯をかきこんだ。

上手に焼けましたー

そういえば、、実はご飯については、ご飯か麦ご飯か選ぶことができて、麦ご飯を選んでみた。

麦ご飯。

改めて、ランチビールの値段を確認していたらメニューに「大根おろし」が書かれていることに気付いたので、大根おろしを頼んでみた。確か30円くらいだったかな。出てきた大根おろしはかなりのボリューム。大根おろしがあれば焼肉をさっぱり食べられることは間違いないので、冒頭から頼んでおけばよかったなぁ。大根おろしに醤油を垂らしつつ、焼き上がった肉に乗っけて食べていた。旨い。

大根おろし。とにかくたっぷり。

大根おろしに醤油をかけてみた。

肉 on 大根おろし。

ランチでひとり焼肉というと、いろんなハードルをあるような気がしたけれど、実際にやってみると大満足だった。また勝田台でランチすることがあれば選択肢に入れるようにしようかなと思う。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です