勝田台駅の駅そば「都そば 勝田台店」で、てんぷらうどんを食べた。

今日も仕事で勝田台駅を通る必要がある…ということで、勝田台駅にある立ち食いそば屋さんに入ってみることにした。

看板を見る限り、誠和食品という会社が営業している「都そば」というお店のようだ。店頭のサンプルを見る限りではカレーやビールも用意されているらしい。

都そばの外観。

店内は立ち食いスタイル。ただし、いくつかの席には椅子が用意されていた。オーダーは口頭で行うようで、メニューはオーダーカウンターの上に貼ってあった。基本となる「かけ」をはじめとして、いくつかのメニューが用意されていた。

立ち食いスタイル。

立ち食いそばといえば天ぷらだろうということで、天ぷらにしてみたが、そばではなく、なんとなくうどんにしてみた。程なくして提供されたのが、この天ぷらうどん。

都そばの天ぷらうどん。

提供されるまで、なんとなく厨房を眺めていたが、昔ながらの釜ではティーバッグ状態のダシバッグが煮出されていたのが見えた。普通なら、もうちょっと丁寧にダシを取った方がいいような気がするけれども立ち食いそばなら、これもあり。ちゃんと店でダシを取ってるんだなぁ…と。

さて、出てきたうどんは関東でよく見かけるタイプ。ダシはお店で取ってるけれど、麺と天ぷらはセントラルキッチンで作られたもののようだった。まぁ、麺は普通の茹で麺。それでも、新鮮なネギが乗ってるし、ダシの風味がいいので、これはこれでありのような気がする。

麺は普通のゆで麺。

天ぷらがダシを吸って崩れて、染み出た油がツユに溶け出すあたりがとても美味しい。

天ぷらから染み出た油が美味しい。

昔ながらの立ち食いそば屋で昭和感が漂っているけれど、長年に渡って営業し続けているだけあって美味しい、立ち食いうどんをいただけた気がする。

立ち食いそば大図鑑 (首都圏編)
東京ソバット団
standards (2019-01-23)
売り上げランキング: 18,218

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です